安納芋の焼き芋、NARAYA CAFE

ありがとうな毎日 seeding of the happiness 日も暮れかけた夕方。「NARAYA CAFE」さんの前を通りかかったのは、箱根登山鉄道の宮ノ下駅に向かう途中。足湯につかりながらカフェメニューが頂けるお店、というのは知っていたのですが、いつもその席は埋まっていて、今まで入ったことはありません。この日も電車の時間が迫っていたし、通り過ぎるだけのつもりでした。が、夫が「これいいね~」と言って立ち止まるのです。ん?と思って指差す方を見ると「期間限定 ほっかほかやきいも~」の文字が。それだけならまだ50%のひきでしたが、その後の文字を見た時、ひきの強さは100%に。こちらの焼き芋は、安納芋が使われている、とあったからです。安納芋!ご存知の方は分かって頂けると思うのですが、このサツマイモ、ただものではありません。濃い黄色、良く見ると透明感も感じる芋本体。それをかじると、ねっとりした甘さを感じ、すぐに口の中でとけていきます。繊維の粗さをまるで感じないその食感は、いも好きでなくても気に入るんじゃないか、と思うくらいのおいしさです。これを見たのは運命。迷わず1階のお店に入りました。レジにおられた奥様にテイクアウトできるか伺うと、できるとのこと。「今からあつあつに温めてきますね~」と言ってくれたけれど、もう電車の時間が迫っています。それをお話していると、奥からにこやかな笑顔でご主人が出てこられ、「次の電車は○○分発ですね。だから1分だけ温めてきます。間に合うはずですから。」と言ったかと思うと、てきぱきした動きで丸々した焼き芋を温めてくれました。茶色の紙袋に入れて「はい」と渡してくださった焼き芋、ほんのりと温かかったです。お礼を言って店の外に出ると、電車のシューという音が聞こえてきました。歩いてホームに入り、夫と焼き芋を食べていると向こうから電車がやってきて・・。おなかがすいた寒い日の夕方。大好きな安納芋の焼き芋が、お店のご夫婦の笑顔と優しさでより一層おいしく感じられました。

ありがとうございます。

急ぎつつ、お店の前でこんな風に写真をとり、普通に歩いて、ちょうど電車に

間に合いました。ご主人の読み、さすがです!おそらく閉店間際だったと思う

のですが、できる限り最良の状態でお客さんに喜んで貰いたいというその温

気持ちが本当に嬉しかったです。安納芋は、冷めても本当においしいですし、

そのままでもいいと思っていました。だけどこのひと手間でおいしさがより引

出されていたし、何より心がぽかぽかしました。夫が「芋を外で食べる時はい

つも、おいしいものに出会うね~」と言います。あ~なるほど。この日のこと を

いたかったようです。そうそう、あれもおいしかったなぁ。何を、ということばか

考えるけど、誰から買うか、がおいしさには結構大事だったりするのかも。