祖父母のこと、出征の日

ありがとうな毎日 seeding of the happiness

小学3年生くらいの時だったか、
祖母が大切に持っていた一枚の写真を
見せてくれたことがある。

出征する直前に撮ったという、
祖父の写真だ。

これがものすごいハンサムで
びっくりした。

「男前じゃろ、ねぇ」と嬉しそうな祖母。
祖父はおじいちゃんでも格好良い方だ、
と思っていたが、これほどとは。

祖父母はお見合い結婚だったが、
祖母は一目惚れだったのでは?と想像する。

広島県北部の田舎町で生まれ育った祖父。

この地方では昔から地元の人々が集まって
「神楽(かぐら)」を練習し、
皆に披露する習慣があった。

祖父が若い頃、
ヤマタのオロチにさらわれる姫を演じた時は、
本当の女性と間違われ、帰りに出待ち?
されたこともあるそう。
(でも帰りはもちろん男のなりだから、
分からなかったはず・・)。

祖母は早起きの働き者で、手先が器用。
農業と平行して家事も完璧にこなし、
料理も上手。

祖母のお寿司や保存食など習っておけば
・・とそれが心残りだ。

趣味の踊りでは舞台に出たり、
独学だという編み物も売ってるものを
凌ぐほどの出来栄え。

セーターはその人を見るだけでささっと編み、
着てみるとサイズぴったり。

細かな模様編みも祖母は「適当」というが、
編物の本を見てもさーっぱり分からない私
からしたら、驚愕の出来&美しさだ。

早起き、器用・・残念ながら、
受け継いでいないと思われる娘(母)と
孫(私)である。

さて。

好々爺の祖父と優しい祖母、
私の知っている二人は晩年の穏やかな姿のみ。

二人が結婚してまもなく祖父が戦地へ向かう
ことになった時の話を、祖父の弟、大叔父に
聞く機会があった。

その話で今まで知らなかった祖母の姿を知った。

祖父母と大叔父、大好きな三人とも今は亡い。

メモをとっていないので細かなことは忘れたが、
思い出せることを書いてみる。

———————–

ありがとうな毎日 seeding of the happiness

祖父が出征する日。

祖母は姑(私の曾祖母)と一緒に、
田舎から宇品港へ向かった。

家で見送ったけれど、
もしかしたら最後にひと目、
遠くからでもその姿を見られるかも
しれない・・と思い、宇品港まで
見送りに行くことにしたのだ。

祖母と曾祖母、
迷子にならないよう、
二人でぎゅっと手を繋ぐ。

港近くはすごい人の群れ。

祖母や曾祖母と同じ気持ちで来たのだろう、
出征する人の家族や親戚、知人などなどで
道はいっぱいだった。

沿道から手を振り、
名前を呼ぶ人・人・人・・。

人の隙間から見えるのは、
整然と並んで船の方へ行進する兵隊さん達。

その時だ。

列の中にいる、一人の男性の姿が目に入った。

あれは間違いなく自分の夫、と確信した祖母。
列に向かって走り出た。
近づくと・・やっぱりそう。

気づけば祖母は、祖父と並んで歩いていた。

上司が許して下さったそうで、
最後まで一緒に行進したとのこと。

これでもう顔を見られるのも最後かもしれない、
と思いながら・・。

———————

「初めて聞いたわ~」と母。

祖母はこの話を、
自分の子供達にはしていなかったようだ。

親戚皆で亡き祖父母の墓参りをして、家に
集まった時のこと。

大叔父が「そういえば・・」と
この話をしてくれた。

祖母が祖父に並んで行進したくだりを話す時、
大叔父も笑顔になっていたが、

「おばあちゃん、すごいね~」と、
私たちもびっくりしたし、
その光景を想像すると可笑しくて。

ありがとうな毎日 seeding of the happiness

最後かもしれない、と覚悟して見送った
出征の日から時は流れ・・。

南方の激戦地へ向かいながら
辛くも命を得た祖父は、
祖母の元に戻ってくる。

どれだけ嬉しかったことだろう。

それからうちの母が生まれ、
きょうだいが生まれ・・私がいる。

どれひとつ欠けても、
違っていても、今の私はいない。

そのことに重みを感じ、感謝している。

ご先祖様方、
おじいちゃん、おばあちゃん、
ありがとうございます。