あの日

ありがとうな毎日 seeding of the happiness

昭和20年8月6日 広島のある町で・・

~広島市内・某所(中区の相生橋から約△km付近)

午前8時頃。今日は気持ち良い青空。

今から洗濯物を干すところ。

息子はまだ赤ん坊なので、目が届くよう縁側に寝かせた。

すやすや気持ちよさそうに眠っている。

洗濯物を一つずつ物干し竿に干していき、

やれ、終わった・・とひと息ついた時。

閃光。あたりは真っ白の光に包まれた。

何も見えない。・・と思ったと同時にものすごい風が吹いた。

台風より強く感じる風。熱い。

あわてて母屋へ走っていく。窓ガラスは全て割れ、粉々に

なった破片があらゆる所に突き刺さり、足の踏み場もない。

縁側にいた幼い息子の顔や体にもガラスが。

無我夢中で破片を取り除く。

その後のことはよく覚えていない。

~広島県の小さな田舎町~

畑仕事に休みはない。

今日も朝から鍬をふるう。

良い天気。雲ひとつない青空。

ふぅ・・と曲げていた腰を上げ、遠く、南の空を見上げる。

と、不思議な光景が目に入った。

きのこのような形をした不気味な雲がもくもくと、広島市内

上空に立ち上っている。

それから数時間後。

担架にのせられた怪我人が次々と運ばれてくるのが見えた。

道の奥にある病院へ向かっている様子。

こんな田舎では珍しい事だ、と思った。一体何があったのか・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昭和20年8月6日、快晴の広島。

米軍の合わせた投下目標は、広島市中区の相生橋(あいおいばし)。

広島の人なら誰でも馴染み深い、広島市中心部を流れる”太田川”

にかかる橋だ。

広島市内は父の実家、広島県の田舎町は母の実家。

最初の2つの場面は、それぞれの「あの日」について私が聞いた話。

小学生の時、学校で家族や親戚に被爆体験を聞く、という宿題が出た。

父は確か赤ちゃんだったはず。やはり何にも覚えていないという。

近くに住む父方の祖母に、話を聞きに行った。

帰宅して父のおでこを見ると、祖母の話通り、1cmくらいの傷がある。

ひときわ大きいガラスの破片が刺さった跡だ。

目立った傷はこれだけ。

あとは目を凝らして父の顔を見ても何も残っていない。

農業を営む母方の祖父母の家へは毎年夏休みに遊びに行っていた。

そのとき原爆の日の話を聞いた。

戦時中の話も色々、穏やかに淡々と話してくれた。

が、きっと、思い出すのもつらい事だったろう。

父方の祖母が何度も繰り返していた”大和魂”という言葉。

小学生の私にはどこか大げさに聞こえ、よく意味も分からず、身の入った

相槌も打てなかった。祖母に申し訳ない。

戦時下の日本人・・戦地に向かう人、身内を戦地に送った人、銃後を守り

自らが出来ることを懸命にした人・・みなで助け合い、心をひとつにして、

国難をのりきった。それが祖母の言っていた”大和魂”だと今、感じている。

ありがとうな毎日 seeding of the happiness

原爆投下後、数十年は草木も生えないといわれた広島の地。

だがその予想は外れ、半年後には草が生えたという。

芽吹き、花も咲き、木々が繁って、緑多きまちが再びよみがえった。

その地に私は生を受けた。そして今もこうして生かされている。

必要なことは先人の姿の中にある。

私たちの先祖代々が渡してくれた命のバトン。

やわじゃない、必ず立ち上がることができる、強い心と体のDNA。

厳しい状況の中でも、そのDNAを信じて、できること・対策を自分なりに

せいいっぱい講じたら、あとは心明るく生きていこうと思う。

原爆、震災・・「あの日」を忘れることなく、心に抱いて。