ふわふわ玉子たっぷり・・洋食 やろくの「玉子コロッケ」

ありがとうな毎日 seeding of the happiness

ひっさびさにコロッケを食べました。

今、目の前で揚げたばかりのもの。

めちゃめちゃ熱い!んです。

ありがとうな毎日 seeding of the happiness

ばくっ・・!!!なにこれ、なにこれ。

ものすごくおいしい。

かりりっとした衣。パン粉が立ってます。

歯をあてると、中から出てくるのは・・なめらかな玉子のクリーム。

といっても、よくあるクリームコロッケとは違います。

よりあっさりしていて、切れがいい。

想像していた味の遥か上をひょいっと飛び越えてきました。

これ、今まで食べたコロッケの中でダントツ一位かも。

あ~こうして書いてる今も食べたいもん。一位決定!

ありがとうな毎日 seeding of the happiness

すみよっさん・・住吉大社にお参りした後。

駅の近くの商店街に寄り道。

下町のムード満点。

こういう商店街大好きです。

それにしても長いな~。

夫と左右きょろきょろしながら、お店を見て歩きます。

と・・、四辻に出ました。

右を見ると、「洋食 やろく」という看板。

お持ち帰り専門店、とあります。なになに??

洋食 やろくの玉子コロッケ。

以前何かで見て気になっていたんです。

だけど定食だと結構良いお値段だったので・・。

いつか機会があったらね、とそのまま忘れていました。

お持ち帰り専門店、ということは・・。

本家よりお得に購入できるかも。

看板の方へ近づいてみました。

メニュー表を拝見。

ありがとうな毎日 seeding of the happiness

おー、やはりやはり。

定食に比べると断然リーズナブルですね。当たり前か・・。

店先に椅子が置いてあります。

ちょうど玉子コロッケを食べているお客さんがいました。

私たちもここで食べていこう・・。

ひと言も発さぬまま、目で夫に合図。頷く夫。

私「玉子コロッケ、二つください」

お店の方「すぐ食べられますか?」

はい、と言うと・・。

それなら揚げたてを持っていきますので、そこにかけてお待ちください。

とのこと。

待ちましょう、待ちましょう。弾む足取りで、長椅子へ。

数分待ったと思うのですが、ここの記憶がない。

無、だったんですね、きっと。

お待たせしました~、熱いですので、気を付けてくださいね。

とお店の方が目の前のドアを開け・・。

コロッケを右手左手にいっこずつ持って出て来られました。

期待の余りか、思わず両手で受け取る私。

わぁ~と言いながら、しばし眺め・・。

では早速・・っと、熱い!!

お店の方から、ひと足先に頬張った夫からも注意されたというのに。

大口開けてかぶりついて、ヤケドしました。

でもそんなこたぁどーでもいい。

と思うくらい、味の衝撃が大きかった。

おいしーねー、おいしーねー。

食べてる間、これ以外たぶん話してないです。

と、半分くらい食べ進めた夫。

食べかけのコロッケをずいっと私の前に差し出しました。

見ろといわんばかり。

素直に目をやると、そこには・・。

ありがとうな毎日 seeding of the happiness

・・って、分かりにくくてごめんなさい。

真ん中あたりに、エビが入ってるんです。

エビ好きの私。これを見てまたもやテンション上がりまくり。

ほどなくして私の方のコロッケにもエビの姿が・・。あー嬉しい。

玉子コロッケの主役はたまご。

本来主役になりそうなエビさえ、このコロッケでは脇にまわっています。

あとは玉ねぎ、ハムも入ってたかな。じゃがいもは使われていません。

「玉子コロッケおいしかったね」

帰る道すがら、私が夫に話しかけたら・・。

「さっきからそればっかり言ってる」と夫。え?全く自覚なし。

南海線のガード下。

洋食 やろくのお持ち帰り専門店。

ふわふわ玉子たっぷりの「玉子コロッケ」。

出会えてほんと良かった。また行きます、絶対。

ありがとうございます。

ありがとうな毎日 seeding of the happiness あっさり味好みの私。油ぎとぎとの揚げものや、時間がたって油が酸化したものを食すと体調を崩してしまうので、普段揚げ物を頂く機会はほとんどありません。夫が大好きなクリームコロッケだって、自ら好んで食べようと思った事はないんです。が・・今回の「玉子コロッケ」だけは別。唯一の例外になりました。次来た時も、揚げたてをすぐこの場で食べたい!玉子が好き、エビが好き、コロッケが好き、という方はすぐにでも。コロッケとか余り興味ないし・・という人にもぜひ味わってみて貰いたい一品です。。

~ある日のつぶやき~

今回改めて実感した。私はたまごが好きだ、ということを。1パック買って、約二週間ほどの賞味期限内にゆうゆうと使い切れず、慌てて数個消費、ということが時々あるため、たまごに関してそこまでの感情を抱いているとは自覚していなかった。だけど・・カスタードが好き、玉子焼きが好き、たまごを見ると自然にテンションが上がる・・ということ。そして極め付けは今回の「玉子コロッケ」。もうもう、まごうかたなき玉子ファン、玉子ラヴァーだ。玉子好きとして、玉子詣でをするようにまた、玉子コロッケを食べに行きたい。。