時を待つ「ぼたもち」

ありがとうな毎日 seeding of the happiness お彼岸の時に写真の「おはぎ」を作りました。このおはぎ、「ぼたもち」、「あんころもち」などとも言われていますよね。おはぎ=お萩だからこちらは秋のお彼岸の時、ぼたもち=牡丹餅だから春のお彼岸の時はこの呼び名・・といわれているそう。なるほど~。「ぼたもち」というと”棚からぼたもち”ということわざが思い浮かびます。思わぬ幸運が突然舞い込んでくる、というような意味ですが、実は私、棚からぼたもちってないんじゃないかな~と思っています。本人だけでなく周りから見ても、あれは”たなぼた”だよな~という出来事があったとしても、それは必ずその前にあった”何か”の結果だと思うからです。その”何か”は直接その事に関係ないように思える事かもしれません。だけど、それが結果として「ぼたもち」となって現れたように思うのです。「ぼたもち」を受け取った人が、それまで人知れず努力していた or 頑張っていたエネルギーや、自分以外の誰かのために無私の心で何かをしていた・・とか、どんなことがあっても明るい笑顔で日々すごしていた・・というような良いことが積み重なり、ある日「ぼたもち」となってポンとふってきただけ、という気がします。あの人はどうしていつも振って湧いたような良い事ばかり、そう、”たなぼた”にばかり恵まれているんだろう~という時も、それはきっと、不思議でもお得な事でもなくて、全体からみたら当然の結果なんじゃないかな~、なんて思うのです。あなたにとっての「ぼたもち」も、突然ヤッホーとやってくるのではなく、少しずつ形作られ、今も棚から出て行く”時”を待っているのかもしれません・・よ。

 

おはぎ>
あんこ好きの私は、いつも鍋いっぱいにたくさんあんこを作り、
小分けにして
冷凍しています。お水で溶いて鍋で温めぜんざい
に、はたまたパンの中に
入れてあんパンに、など、とても重宝
しています。今回のおはぎも、その自家製
あんこを使って作り
ました。中身は玄米です。炊き立てあっつあつの時に少
量の砂糖
と玄米粉を入れて、しゃもじで混ぜながら捏ねます。
するとちょうど
お餅のようになるので、それを小さく丸めてあん
でくるめば出来上がり。簡
単&ラクラクにおはぎが出来ます。
買ってきたものも頂いたので、結構大量で
したが、全て完食!!
(どんだけ好きなんだ~。笑)。