誠実な想いとは刀のようなもの

熱したあつい鉄に
水をぶっかけて
赤々と燃える鉄を冷やす

それを
何度も何度も何度も繰り返し
心の中にある刀は
より硬くなり重みを増した

燃えながら冷たくなることで
自らの中に耐性ができ
刀はより鋭く強くなっていく

これが誠実な想いなのかな
そう思った