強い人、勇気ある人

強い人というのはいない。
最初から強い人は、いない。

弱かった人が、強くなろうとして、
強く生きようと決めて、行動して、
今がある。ただそれだけ。

勇気ある人というのもいない。
怖くてどうしようもなくて、
何もしない方がいいと思いながら、
それでも勇気を出して行動してる。
ただそれだけ。

あの人は強いから。
あの人は勇気あるから。
自分とは違うから。

そう思った方がラク、なのかも。

ラクでい続けることで、幸せなら
それでいい。
大切な人を大切にできているなら
それでいい。

誰のために、生きるのか。
誰の目を気にして生きるのか。

大切な人のために、
大切な人の目を存在を、気にして
生きるなら、それなら。

今できることってなんだろう。

プライドを、社会的な目を、
優先させていいときと、
それを捨ててでも、
どうしても、どうしても、
大切なものを守らなければいけない
ときと、あるのではないかと思う。

それを失ったなら、
ほかでは決して替えがきかないと、
それを失ったなら、
生きている意味がないと、
自分にはよく分かっているもの。

それがあるからこそ、
生きていて、
それがあるからこそ、
自分が心から安堵できる、
そう思うもの。

それを大切にして、
愛するため、守るため。

そのために人は、
強い人になる。
勇気ある人になる。
のだと思う。。

 

祓え給え
清め給え
神ながら
守り給い
幸い給え