推理ゲームより素直な気持ち ~ダークマターを作らない~

最近、考察系の記事が
増えてます。

といっても、
感覚人間の私なので、
柔らかい感じですが…。

普段から興味の赴くまま、
調べたり読んだりしていて、
先日ふと、
すべてが繋がったんですよ。

それまでバラバラで、
いろんな説があるなぁ、
全然繋がらんやん(笑)と
思っていたんです。

それがなんとも不思議ですが
いきなり繋がって体感できて、
「そうだったのか!!!」と
目からウロコでしたー。
こういうこと、ありません?

知識量が一定数を超えたとき
突然すべてが繋がって、
視界がクリアになる、みたいな
感覚。面白いです、ほんと。

で、今回はその気づきの中から、
全然関係ないことを思いついて、
(関係ないんかいw)
今日の記事を書こうと思います。

—–

コミュニケーション時に、
誤解が生じる場合って
ありますよね。

そういうつもりじゃなかった、
ということ。ないですか?

ひとつの出来事があった。
それを曲解したり、
マイナスにとらえたりすると、
もうこれが笑えるというか、
いや、笑えないほど、
時に泣くほど、(私です)
すれ違うことがあるんです。
悲しいことに。

たぶん、その出来事自体には
そんなに意味がなかったりする。
その時の気分で言った、書いた、
表現した、とかそんな感じ。

そして、
相手を傷つける意図はない、
んです、きっと。
発信している側からすると。

たとえそう受け取れそうな表現
であっても。

ちょっと、
気持ちと表現がねじれてしまう、
ってこと、あるんじゃないかなと。
想像ですが…。

だけど、
この表現を見た、言われた側が
「え、これどういう意味!?」
と思った…ここからが問題。

元気な時、自分が機嫌の良い時
ならいいんです。
分からないなら直接訊くか、
分からないからいっかーで
流せるか、
プラスにとらえることができる。

だけど、つかれている、
まだお互いをよく知らない、
気持ちが不安定になりがちな時、
だったりだと、
強がって平気なふりをしたり、
マイナスにとらえてしまう。
自分の中にあったマイナス要素が
出てくるというか。

こんなことを言う、
書くってことは、
・きらわれてるのかな
・終わらせたいのかな
・怒らせたのかな
・はなれろってこと?
・誰か他に・・・えーー!

もう、モンモンとする訳です。
私としては、
ここでストップをかけたい。
ちょっと待った!!!です。

でないと、どツボる。
ダークサイドに堕ちるわけです。
沈黙したまま。

拗ねる、ふてくされる、黙る。
こんなに不機嫌になってるの、
なぜだか分かる?という感じ。

それか、不安になって
悲しくなって、はなれた方が
いいのかな・・と思ってしまう。

気を許した相手、
分かって欲しい相手だと特に
これが出てしまいます。

すると相手はどうでしょう。

何か不機嫌そうだなと感じる。
まだ感じるならいいんです。
まったくなんのこっちゃ?な
場合もありますよね。

そこから
不安と疑心暗鬼と怒りが
お互いの間でやりとりされます。
無言で。

<心の声>
なによもう、
こんなこと言って(書いて)。
どういうこと?
私がこう思ってるんだから、
不安になってるんだから、
それを理解して、
安心させてよ。
or
んー、これは
突き放されているのかな。
悲しいな。
迷惑かもしれないから
何も言わないで
そっとはなれた方が
いいのかもしれない。

<心の声>
なんだ急に。
不機嫌になって黙り込んで。
何かしたかな。
全然分からない。
きいても答えないし、
ますます火に油だ。
あーどうすりゃいいんだよ。

不安や疑心暗鬼、
焼き餅などの感情から
なんだか得体のしれない
“ダークマター”がそこに
生まれるんですよね。

黒いよ、焦げてるよ、
食えねーよ!!(言葉遣いw)です。
ほんと「誰得?」です。

したいことはなにか。
目的はなにか。

理解したい。
分かり合いたい。
愛し合いたい。んですよね。

—–

今でこそ、
いざとなったら心が丸出しに
なってしまっている私ですが、
以前はこういうこと
やってました。

勝手に推理ゲーム始めて
ダークサイドに堕ち、
ダークマターこしらえてる
場合じゃない。

相手の言葉、発信で
ん?なんだなんだ??(汗)
ってことがあったなら…、
それが沈黙でも、
何かの発言でも、反応でも、
あったとしたら、
自分の不安や疑念も認めた後、
そこから想像してみる。

もしかしたら相手も、
何か自分と同じように
不安や疑念があるのではないか。
事情があるのかも、とか。

そして、まずは自分から、
素直な気持ちを伝えてみる。
そのまま。

これが大事なのかなと
思います。

だけどこれ、難しいですよね。
恥ずかしいし、
カッコワルい気がするし、
伝えても分かって貰えない
かもしれないし。
(この葛藤、私もよくあります。
心折れかけた時、伝えてみよーと
助言があったり…。あ、脱線したw
)

でもですよ、伝えないと
分かって貰える確率は
低いまま、なんですよね。
分かって貰えないままで
すれ違うこともある。

そんなの悲しい。
というか、すれ違いはイヤ。
大切な人だから。

それならまずは自分が
推理ゲームから降りる。
やめる。

そしてなるべく
素直に気持ちを伝える。
疑問に想えば訊ねてみる。

悲しい、さみしい、も
伝えてみる。

分かって貰えないかも
しれないし、
一方通行だとしても。

分かり合うって、
簡単だったり、
難しかったり。
最後までできない部分も、
あるかもしれない。

だけどそれでも、
そのための努力を惜しまない。
そうありたいと思うんです。

—–

いつか
言葉じゃないところで、
言わなくても
もしかしたら
分かり合える瞬間が
あるのではないか。

でもそれはきっと、
お互いが傷つき、傷つけ、
そういうやりとりを
たくさん経験しながら、
それを糧として
お互いに誤解を解く努力を
しながら、思い合いながら
長い時間をかけて
信頼関係を育み、
進んだ先にある奇跡・・・。

ある一定量のやりとりや
経験値、気持ちを経た先に
パッと視界が開けるように
広がる感覚がある、のかも。
そうなると嬉しいな。

あ、最初に繋がった!
これも奇跡かもしれない。

お互いを大切に想う気持ち、
愛を基点にして、
推理ゲームじゃなく、
ダークマターを作らずに(笑)、
その先にある
あたたかい関係を目指して、
素直な気持ちを
伝えていきたいな、
と思います。
まずは自分から。

そこから何か
わずかでも反応が返って来て、
思いやりや愛の循環ができたら
最高に嬉しいです。
涙が出るほど。