すべてを愛する -この人さえいればいい、はない-

自分のまわりにいる人を愛している。
一番の存在は他の人に言わなくてもいいし、
その人すら知らなくていいと思っている。

愛せなくなったらそれは仕方ない。
もしかしたら、
もともと愛していなかったのかもしれない。
問題に直面するのを後回しにしてきただけ。
そう気づくのは怖いことだけれど。

今、まわりにいる人すべてを、
せいいっぱい愛したい。同じように。

ひとりだけを愛する。
この人さえいればいい。
他の人はどうでもいい。
そういう愛はすぐ終わる気がする。

この人を愛する。
縁あるまわりの人も同じように愛する。
この人を愛する私がこの人と一緒に、
私たちのまわりにいる人々を愛する。
こういう愛が長く続くのではないか。

長く続いていく愛を知りたい。
そういう愛の在り方を自分の中に持ちたい。

たとえその人のそばにいられなくても。
たとえその人が他の人を想っていても。

その人が心の中にいるだけでいい。
その人が幸せであればいい。
そう想える愛を。

他の人はどうでもいいと思う人には、
他の人をどうしたらいいのと思うほどの
想いや存在との出会いは用意されていない
のではないか。

すべてを愛する、という至難を、
自らの喜びにすることのできる人が、
かけがえのない存在に出会うことができる。

出会わなければよかったという人も
いるらしい。余りにもつらすぎて。
どうしようもない感情に心折れ、
壊れそうになるから。

それも分かる。だけどそれは違う。

生まれ直しても
また同じ課題を与えられるか、
選び取ることだろう。

出会いは必然で避けられない。
そこから生まれる感情からも逃げられない。
なぜならそれこそが生まれた目的だから。
魂を成長させるために。

今回の話に共感し、
分かってくれたあなたに問いたい。

あなたはその人の存在と同じように、
すべてを愛していますか。
愛せていますか。

この人さえいればいい、はない。

この人がいるからこそ、
すべてを愛するのだ、と言える存在に
出会えたなら、あなたは幸せだ。

すべてを愛する。
そう決めて、そうできたとき。
あなたもまわりも変わっていくだろう。

そして、袋小路のように思えていた今が、
ひらけていくことに気づくかもしれない。