国産レモン使用・・絶品「レモンケーキ」&「レモンカード」、小さな焼き菓子屋 Koti

これを見て「あ、なつかしい!」と思ったんです。
小さい頃よく食べていたレモンケーキ。
以前、広島の母に送って貰ったことがありますが(その時の記事
最近は身近であまりその姿を見なくなったので、嬉しくなりました。

頂いてみると、なつかしさと同時に、より洗練された味わいで感激。
ものすごくおいしいレモンケーキに出会いました。

~~~~~

11月末の日曜日に開催された「シンキロウデパート」。
様々なクリエイターさんが出店されている一日限りのイベント。
これがとっても楽しかったんです。

第一回目の会場は、多目的ビル「SALTBALLEY」。
環状線の芦原橋駅から徒歩2分の場所にあります。

苔玉作りのワークショップへ参加した後。
同じ中庭で出店されていた色んなお店を見て回りました。

そこで出会ったのが「小さな焼き菓子屋 Koti」さん。
サイトを拝見すると・・。
「Koti」とは、フィンランド語で「家」という意味なんだとか。

自慢の看板商品「レモンケーキ」の材料は・・。
信頼できる農家さんから仕入れる、国産レモン。
ベーキングパウダー不使用、泡立てた卵の力だけでふくらんだスポンジ。
国産小麦と発酵バター。地元の新鮮たまご。
コーティングチョコではなく、クーベルチュール・チョコを使用。

厳選された上質の素材から出来ているんですね。

とにかくレモンの風味がすっきりと鮮やか。
ほんのひと口でレモンを強く感じます。
本当においしい。

ご自宅の工房は、和室をセルフリフォームして完成したんだそう。
家具職人の旦那様と一緒に作り上げた、いとおしい工房から生み出される菓子。
材料、場所、心がもたらすおいしさなんだなぁと思いました。

そうそう、もうひとつ購入したものがありました。

「レモンカード」です。

試食で頂いたら、あまりのおいしさに感動。
即決で購入しました。

今までレモンカードはお店でしか頂いたことがなく。
買ったことも作ったこともありません。
私が知っているレモンカードは・・。
なーんとなく、レモンの香りがするかなぁというもの。
そういうものだと思っていたんです。

でもこの「Koti」さんの「レモンカード」は違った。
ちゃんとしっかりレモンを感じる。コクがあって、後味はさらり。
酸味もすがすがしく、爽やかな余韻だけが残って、すごくおいしい。

こちらもレモンケーキ同様、安心安全な国産レモン使用。
もう、本当においしいです。

国産レモン使用・・絶品「レモンケーキ」&「レモンカード」、
小さな焼き菓子屋 Koti。
良質な材料からなる、心のこもったお菓子。
素晴らしくおいしくて、幸せな気分になれました。

 

シンキロウデパートは一日限りのイベントでした。参加している最中も、今日だけなんだ・・と寂しくなるほど、とっても楽しかったです。「小さな焼き菓子屋 Koti」さんのこの看板。手書きされたんだとか。すみずみまで心のこもったお店で、見ても食べてもあたたかい気持ちになりましたよ^^。ネットとイベントで販売されているそう。あー、また食べたいです。。
~ある日のつぶやき~
謙遜は日本人の美徳とされていて、実際そうだと思うが、謙遜がいらない場面・・謙遜しちゃいけない時というのがある。強み、自信があること、自信をもっておすすめしたいというものがあるなら、謙遜せず、良さを思い切り伝えた方がいい。誰だって、自信を持っておすすめされたものを欲しいと思うものだから。。