伊勢ひかりの「しおむすび」

ありがとうな毎日 seeding of the happiness

先日、久しぶりに「しおむすび」を作りました。

具は何も入れてない、塩味だけのシンプルなおむすびです。

これがめっぽう旨くて。おいしい、のさらに上。

ほんと、絶品!でした。

いえいえ、私の手柄じゃありません。

炊いたご飯をむすんだだけなので。

これはひとえに米のちから。

その米とは・・。

ありがとうな毎日 seeding of the happiness

こちら。

お伊勢さんのお米「伊勢ひかり」です。

7月に夫と二人で行った伊勢。

もちろん伊勢神宮へお参りするのが目的です。

無事、参拝を済ませた後は・・。

お楽しみの、おはらい町&おかげ横丁散策。

この「伊勢ひかり」は、お土産を探している時に見つけました。

~~~~~

「伊勢ひかり」とはどんなお米なのかというと・・。

平成元年。

二度の台風に襲われた伊勢地方。

伊勢神宮御神田のほとんどの稲が倒れている中。

直立している稲が二株だけ発見されたんだそう。

今上の御代になって出現した縁起米・・。

これが「伊勢ひかり」なんです。

倒れにくく、病気に強い。

そして、コシヒカリよりも味が良い。

まさに理想的とされる新品種なんだとか。

~~~~~

イセヒカリというお米があるらしい・・というのは知っていました。

だけど、私の生活圏では見かけた事がなかったんですよね~。

神の米、とも言われるという「イセヒカリ」。

特徴は最上で、出現もドラマチック。

ずっと気になっていたんです。

今回、伊勢神宮へお参りした後で出会えたのもご縁。

嬉しくなって夫に話すと・・。

夫も「食べてみたい!」というので、喜び勇んで購入。

ありがとうな毎日 seeding of the happiness

見た目は普通のお米と変わりない感じ。

早速洗って炊いてみました。

ありがとうな毎日 seeding of the happiness

炊きあがりのあつあつ。

手水は冷水で、手のひらに塩をつけて一気に。

手のひら思い切りヤケドしつつ(笑)、むすびました。

では、いただきます。

・・といきたいところだったのですが、私はちょこちょこ片づけ。

その間、夫が先に食べ始めていました。

ん?なんだかすごーく静か。

「早く食べてみて。手で持ってね。」と夫。

どれどれ・・と手に持って私も、ぱくっ。

ものが言えない。おいしすぎて。

ひたすらにもぐもぐと食べ進んでしまいます。

ひとつ、またひとつ・・。

少しだけもちっと感があり、噛みしめるとほのかに甘い。

水分をしっかり含んだしっとり感がありながら・・。

全体的にさらっとしている。さりげなく上品な味がします。

だけど圧倒的な旨みがある。

うわぁ初めてかも、この味。

もともと私はお米が大好きなのですが・・。

これはちょっと別格という気がします。

夫婦して、無言で「しおむすび」を手に持って頬張る、の図。

どこのわんぱくか、という感じですが、至福のひとときでした。

伊勢ひかりの「しおむすび」。

文句無しの絶品!です。

ありがとうございます。


ありがとうな毎日 seeding of the happinessごはんが炊き上がり、炊飯器のふたを開ける前・・これが一番ドキドキします。期待で苦しくなるほど。そして、ふたを開けたら・・はぁ~毎回幸せな気分になれる・・。水気を含み、ふっくらとふくらんだごはんが湯気と共におでまし。しゃもじでかき混ぜれば、何とも言えない良い香りがふんわり漂って。空腹感が一気に高まります。早く、早く。席に着くのももどかしく、いただきまーす!今回は敢えて「しおむすび」にしてみました。そのまま食べてもおいしいと思うのですが、多少冷えても抜群においしいという事が分かって良かったです。あー、また食べたいなぁイセヒカリ。という事は、また伊勢に行かなければ・・。。

~ある日のつぶやき~

ごはんのおいしさと食べた時の幸福感というのは、私にとって最上で、最も強く心に訴えかけてくるものだ。実る様子、その姿、炊き上がりの湯気、全てが好き。これはDNAレベルで埋め込まれた感覚なんじゃないかなーと思う。これからもおいしいごはんを食べて、体だけじゃなく心にもパワーをむくむくと湧きあがらせたい。よし、やるぞ!また頑張ろう・・と思わせてくれる食べ物って本当に有難い存在だ。。