あなたがいて私がいる ~写真は共同作業~

撮影した写真を喜んで頂く時、
撮影者の技能や感性をほめてくださる。

めっちゃ嬉しいと同時に、いやいや、
これも被写体あっての撮影者なんだよー
と思う。

被写体や対象物の存在なしで、私たちが
何かを写すことなど、できないからだ。

相手がいるからこそ、
写真という作品が生まれる。
写真って、共同作業なのである。

人物や食べ物ありき。
そしてその対象に敬意を持っていたら、
きっと最善・最高の美や良質なものを
引き出すことができる。

その人やものがもともと持っている良さ、
美を写したいと思い、日々撮影している。

被写体であるあなたや食べ物があって、
撮影者のわたしがいるのだ。

どちらかだけでは成り立たないし、
両方があって初めて、一枚の写真が
誕生する。

そのことにすごくロマンを感じる。

あなたがいて私がいる。
その世界が写真なのだ。
いいなぁ、写真って。大好き。
(やっぱりここに落ち着くw)