入店も提供も食べるのも、ささっとクイックランチ「生湯葉とちりめん山椒」、だし茶漬け えん 京都ポルタ店

「生湯葉とちりめん山椒のだし茶漬け」。

だしを注いでいるところです。
米粒がだしを吸ってふんわりほどけ、
良い香りが立ち上ります。

「だし茶漬け えん」 京都ポルタ店。
京都駅直結の地下街ポルタにあるお店。

入り口はこんな感じ。
はじめに食券を購入するシステム。

週末のお昼時、
ポルタの飲食店、各店舗前にはどこも
行列ができています。

30分以内で入店、提供、食べ終わること
が可能なのは・・と考えて、ここの行列、
最後尾につきました。

果たして10分ほど並んだ後で
食券を買って席につくことができ、その後、
数分で提供されたのがこちら。

「生湯葉とちりめん山椒のだし茶漬け」。
392kcal 791円。

粒のたった白米に、白い湯葉が
ふんわり優しくかかっています。
ちりめん山椒は京都ではお馴染み。

ここに、ほど良い温度のだしを注ぐ、
という訳です。

柄の長いレンゲですくってひと口ずつ
味わうと、体の芯がじんわり温まり、
だしの旨味が体内に染みわたるよう。

完食した時に時刻を見たら、
並び始めてから20分ちょっとでした。

余りに長い行列でなければ、
さっと入店できて、素早く提供され、
さらさらと食べられる「だし茶漬け」
だからこそ可能な、クイックランチ。

京都駅至近で軽めのお昼を済ませ、
次の目的地へGO!したいという、
あなたにおすすめ、のランチでした。

 

 


「だし茶漬け えん」は、”和食屋の高級ファーストフード”をコンセプトに掲げ、東京、静岡、京都、大阪等に店舗展開している。関東に住んでいた頃、よく新丸ビルのお店に通っていた(過去記事はこちら)。回転が速いので時間がよみやすく、わりと軽めのものを摂ることが多い私の好みに合っていたのが、よく再訪していた理由。種類豊富で季節ごとのメニューも充実していて飽きないのも良い。クイックランチの候補店に。。