ある”そこつ者”の話 ~私について~

 

私はものすごくおっちょこちょいだ。

知らない方から”しっかりしてる”っぽく
見てもらえることもあるが、
実際会った人にはたぶん数分でバレる。

それくらい粗忽(そこつ)が多い。

自分ではそれがいやだったんだけど、
もう笑ってもらってナンボ、というか、
楽しんでもらえたら本望というか(笑)。

最近も「あぁまた・・;つД`)ヤダー」と
なっていたのだが、それを見たいと
言ってくださる方がいたので、
調子にのってあげてみる。
数々の”そこつ”たちが成仏しますように。

—–

・先日、車で送ってもらった。
ドラッグストアに立ち寄りたくて、
いったん助手席から降りて買い物
→小走りで車に戻ってドアを開ける
→運転席で口あんぐり(‘Д’)の女性と
目があう・・違う車だったのだ!!
「ご、ごめんなさい」と謝って去る私。
人がすごくびっくりした時って
あんな顔になるんだな。。

・お店で会員カードを作ることに。
タブレットに必要事項を入力していく。
・・ん?何度やっても入らない。
「あのー入力できないんですけど」と私。
郵便番号の欄に必死で携帯番号を入れる等、
機械から”ここちゃうで~”と
拒否られていたのだw 一瞬の沈黙。
(この人・・ダメな人だ(; ・`д・´)ゴクッ)
店員さんはそう思ってくれたのだろう。
そこからすごく優しく、ニコニコしながら
丁寧に教えてくれた。感謝。

・電車にのっていた。
となりに座っている若者たちがしきりと
「鈍器が、鈍器で・・」と言っている。
なんとなくいかついというか、
茶髪で威勢の良い感じの男の子たち。
なんだか物騒だなーとドキドキしていたら、
買い物の話で、買ったお店が
「ドン・〇ホーテ(ドンキ)」だった、
ということが数分後に分かる。
無駄。そのドキドキ、無駄。

その他、
・反対方向の電車に乗る。
・何もない道で転ぶ。
車道の真ん中に、しゅるるるーっと
滑るように飛んでいった私のスマホを、
通りかかったお姉さんが素早く拾い、
「大丈夫ですか」と助け起こしてくれた。
・2つ以上手に持っているとどれか落とす。
何度か繰り返す。拾ってくれた方と
「大丈夫ですか」
「大丈夫じゃないです^^;」
「ですよねー(笑)」というやり取り。

ここ2週間くらいにあった出来事です。
もっとあるけど、それすらもう忘れてる
ので、今思い出せたのはこれくらい。

仕事(だけ)はちゃんとしてますのでご安心を!
ここに全エネルギー使っているのか。。

また気が向いたらあげてみますね(^^)