個人戦と団体戦 ~人生は団体戦~

長野五輪のスキージャンプ男子団体
金メダルには、代表選手だけでなく、
テストジャンパー25人の方々の
ジャンプも貢献していたというのを、
少し前にTVで観て初めて知った。

先日スポ根少女だった女性と話した。
その女性は、
個人戦より団体戦の方が燃えて、
良い結果を出せていたそうだ。
これ、よく分かる。

個人戦での評価は自分だけのもので、
良い結果が出るのは確かに嬉しい。
でも団体戦って、
みなで力を合わせた結果なので、
個人戦とはまた違った、
共有できる大きな喜びがある。

私は陸上、ブラスバンド、茶道を
小学生~大学生まででやっていて、
こつこつ継続して努力を続けること、
皆で力を合わせて目標に向かい、
達成することを学べたと思っている。
(結果が伴わなくてもやれるだけやる、
あきらめないことなど)

陸上競技は部活じゃなく、
選手として大会に出たことがある&
クラス別対抗で毎年選抜選手だった、
というだけだが、
個人競技よりもリレーなどの方が
燃えた。
個人戦は静、団体戦は動という感じ。

〇〇(旧姓)がいたら勝てる、
〇〇がいればどうにかなる、
と言われるのは、
プレッシャーであると同時に
それを上回る喜びでもあった。

私は本番に強い方だったが、
本番に弱い人もいる。
だけどそれがデメリットではない。

カバーすることで分かることがある。
カバーできることが喜びにもなる。

誰だって、
立場が固定している訳じゃなく、
自分がミスをする可能性だってある。
そう思えば、
責める気持ちもなくなる。
私はみんな、みんなは私なのだ。

皆でどうにかすればいい。
ひとりじゃない。

これは生きていく上でも
大事な考えなんじゃないか。

全体の中の一個人である自分。
自分は全体の一部。

そういう考えでいたら、
自然と助け合えるし、
何かあっても絶望しなくてすむ。

良いこともそうでない(ようにみえる)
ことも、お互いさまなのだ。

個人戦で頑張るのは当然として、
団体戦で燃える人って好き。

自分をしっかり持った上で、
自分以外の人の想いを背負える人
だと思うから。

人生は団体戦。
助け合える喜び、助け合える幸せを
感じながら、生きていきたい。