洗練された空間でちょっとした非日常感を・・ザ シティベーカリー ブラッスリー ルービン@グランフロント大阪

「鶏もも肉ハーブマリネグリル」。
ソースとマッシュポテトの上に鎮座する
のは、香ばしい焼き目が食欲をそそる
鶏もも肉。

———–

梅田のフランフロント大阪 南館7階
「ザ シティ ベーカリー
ブラッスリー ルービン」は、
NY「ザ シティ ベーカリー」の
レストラン部門。

仏語で”気軽な飲み食い処”を意味する
「ブラッスリー」の名の通り、
親しみやすい雰囲気もありつつ、
洗練されたスタイリッシュな空間。

高い天井、大きな窓。
カウンター席とテーブル席があり、
広々していて解放感に溢れています。

モノトーン+ダークブラウンの
落ち着いた内装と、
オレンジ色の照明がとても素敵。

ちょっとした非日常感も味わえて、
ここにいるだけで気分があがります。

シティベーカリーといえば、
看板商品「プレッツェルクロワッサン」
が有名。

柔らかくてコシのある生地は塩味が
効いており、甘さと塩気の絶妙なバランス
が病みつきになるおいしさで人気です。

そのレストランということで、
パンの味はもちろん、神経の行き届いた
メニュー色々を堪能することができます。

———-

この日は夜に訪問。

昼はランチを求める人々で長い行列が
できていますが、夜は比較的スムース
に入店できました。

ドリンクの種類が豊富。
ノンアルコールのサングリアで乾杯。

窓の外は梅田の夜景。寒空に、
ビルの灯りがキラキラ輝いていて、
美しいです。

「カクテルサラダ」。
大きな海老とアボカドの存在感大。
食材の食感の違いも楽しめる。

—————–

気取らない空気感とお洒落な雰囲気が
うまくマッチした、
「ザ シティ ベーカリー ブラッスリー
ルービン」。

フレンチでもイタリアンでもない、
ニューヨーク風・・種々雑多な、味わい
のある料理とワインの数々を、女性同士
やデートで味わってみてください。

夜もほんとに素敵なので、ぜひ。

 

 

 


今回写真少なめです。夜で照明がとっても暗かったのと、お客様がいっぱいだったので、料理の写真のみ。ここは本当に何を食べてもおいしくて、はずれがないので、最近よく訪問しています。お洒落な空間で、贅沢な気持ちになれるのもポイント高しです。カウンターで一人飲みというのも、ここなら寂しくなく(笑)、さまになるんじゃないでしょうか。ほんとおすすめ。。