新大阪から電車で7分、広い芝生の原っぱ「服部緑地 都市緑化植物園」

木々が色づいています。
紅葉のシーズン真っ只中ですね。

これは先週の写真なので、今は
もっと色づいているかもしれません。

「服部緑地 都市緑化植物園」

「新大阪」駅から、
御堂筋線直通 北大阪急行「緑地公園」駅
下車。徒歩10分。

こちらは、
甲子園球場の約33倍という広大な敷地を
持つ「服部緑地公園」の、植物園。

公園から少し離れているものの、
温室があり、様々な花や木々がわりと
コンパクトにまとまっているのが
良いところ。

中央の広い芝生では、
さまざまなイベントが開催されています。

電車1本乗り換えなし、
3駅で7分+10分、
「新大阪」駅からトータル約20分で到着。

そう考えると近いですよね。

門を入り、受付で入場券210円を購入。
すぐ横の温室へ進みます。

亜熱帯の植物が伸び伸び育っていました。
ジャングルってこんな感じなのかな、
と思いながらぐるっとまわります。

温室を出ると池があり、中央の広場が見えます。

ここは少し丘になっていて、
芝生が生えています。

テーブルと椅子が置かれ、
ここで皆さんくつろいでいる様子。

のんびりしたい方なら、
私の一押しはここ。

ピクニックにも良いと思います。

風景をスケッチされている方々が
あちこちにおられました。

広場を抜けて小道を行くと、
紅葉した葉っぱがたくさん。

赤や黄色だけでなく、
こんなに綺麗な橙色の葉もありました。

もふっとした感じの苔。
大きな木々も多いです。

————–

木立、花々、池、小道・・。
撮影スポットに良さそうな場所も多く、
広すぎないのがかえっていい感じ。

小さなお子さんを撮影している
親御さんの姿も見かけました。

最寄りの「緑地公園」駅まで、
「新大阪」駅から7分。

服部緑地公園もいいですし、
ちょいどいい広さのこちら
「服部緑地 都市緑化植物園」、
おすすめです。

 

 

 

 

 


「服部緑地 都市緑化植物園」は入場券の購入が必要。大人一人210円。「服部緑地公園」は無料です(広大で人も多いですが、こちらもおすすめ)。植物園には毎年紅葉の時期、ふらりと撮影に来ています。お気に入りのもみじの木があって、色づくと綺麗で絵になるんです。今回行った時は、まだ色づいていませんでした。あまりに広い公園だと歩くだけでつかれてしまうこともあるのですが、こちらはほんとちょうど良い広さで、変化もあるので良いなと思います。。