ふわっと香ばしい・・大阪産(もん)の和菓子「くるみもち」、津村屋

おいしい餅菓子を食べました。

津村屋の「くるみもち」です。

煎ったクルミ入りの餅の中には、つぶあんがたっぷり。

餅はふわふわのさらに上。ふわっふわで、とても柔らかいです。

そこに入っているクルミのなんとも香ばしいこと。

あんこの甘さも丁度良い。

ほんと、おいしかったです。

淀屋橋odona前で開催されている青空市「大阪マルシェ ほんまもん」。

odonaのサイトにあった開催日時をみると・・。

大体毎週水曜日の開催で、時間は14~19時までのようです。

4月の水曜日に偶然通りかかり、初めて存在を知りました。

先日の水曜日。夕方、淀屋橋へ寄り道できそうだったので途中下車。

odona前は横一列に各お店のテントが並び、無農薬の野菜や綺麗な花々がずらり。

その中ほどにあるのが、和菓子のお店「津村屋」さん。色々あって迷う・・。

看板に「特製カステラ」と「くるみもち」のイラストが描かれていました。

目に入ってきたのは、透明のパックに入った白いお餅の菓子。

お、これが「くるみもち」なんだ。クルミは夫の大好物だし、私も好き。

ほんわり、のんびりした「くるみもち」の風情が良いなと思いました。

よし、これ買おう!ぜひ食べてみたい。

店先に立ってどれがいいかな~と見ていると・・。

「いっぱいクルミが入ったの選びましょうか」と、お店のかた。

私が、これだ!と思っていたパックを選んで、袋に入れてくださいました。

帰宅して、早速お茶の準備。

では、いただきます。

見た目からもうかがえましたが、持つとより一層分かる、その柔らかさ。

心地良い重さ、しっとりと手に馴染む餅の肌。

なんだか愛おしくなります。

通常、餅菓子というと、時間がたてばたつほど硬くなるもの。

だけど、この「くるみもち」の餅はこのように柔らかいまま。

「くるみもち」の原材料は、砂糖、小豆、くるみ、餅粉、卵白。

大阪地玉子の卵白と、新潟県産の餅粉。

この組合せで、ふわふわと柔らかな餅が出来ているんですね。

そこにカリッとした食感の香ばしいクルミが入っているのが、絶妙。

つぶあんの水分量がちょうど良く、甘すぎないのも嬉しい。

ハイカラな感じのする新しい和菓子、という気がします。

うんうん、おいしい。すごくおいしい。

~~~~~

「津村屋」さんは、大阪産(おおさかもん)を使って和菓子を作られています。

大阪産(もん)は、頂いたリーフレットによると・・。

”大阪の農林水産物とそれらを使用した加工品”とのこと。

大阪で出来たもの、とれたもの、それらを使って作ったもののことを言うんですね。

「くるみもち」は、大阪産(もん)を使った和菓子として、大阪府にも認証されているそう。

ふわっと香ばしい・・大阪産(もん)の和菓子「くるみもち」、津村屋。

その土地で出来たものを使って作られたものを食べるというのは・・。

土地のパワーや恵みを丸ごと自分に取り込むということ。

有難いな~と思うし、嬉しいです。

おいしい恵みに感謝。

ありがとうございます。

 

 

大阪産(もん)五つの星大賞も受賞されたという「津村屋」さんは吹田市にある和菓子のお店。青空市で出会えてほんとに良かったなぁと思いました。大阪産(もん)の和菓子、今回は「くるみもち」だけでしたが、カステラや箕面の柚子を使った「ゆずわらびもち」、期間限定の、能勢ぐりを使った「能勢の栗きんとん」にも心魅かれる・・。また機会があったらこれらもぜひ味わってみたいです。。

~ある日のつぶやき~
偶然の出会いや巡り合せって面白い。人知を超えている。自分の良心に従って一所懸命に生きてたら、無理しなくても、必要な時に必要な人やものに出会えるんだと思う。。