あなたへのファンレター

あなたの写真を撮らせて頂き、
“あなたへのファンレター”ともいえる、
私が感じたあなたの良いところを
文章にします。(最大で400字程度)

かっちりしたいわゆる”プロフィール”
ではなく、私が感じたあなたの魅力を
私なりに表現したもの、です。

写真2~3枚+文章の納品で、
5400円(税込)です。
*キャンペーン価格です。

撮影とお茶の時間でトータル約90分。
料金は、振込前払いでお願いします。
(当日はご自分のお茶代をお支払い
ください)

撮影後、近くの喫茶店へ行って、
私と一緒にお茶しながらお話します。
(雨天時は室内での撮影となります)
場所は、吉祥寺です。

—–

「自分の魅力って分かりづらい・・」
そう思ったこと、ありませんか。
私はあります。

当たり前ですが、
自分と一番長くいるのは自分です。
だから本来なら自分の良さって
自分がよく知っているはず。

だけどこれが至難の業だったり
するんですよね。

客観性を正しい形で持つこと、が
想像以上に難しいからかもしれません。

自分ひとりで、鏡もなかったら、
横顔や後ろ姿はもちろん、
正面からの顔すらみることはできず、
それは人から伝えられ、受け取ることで
初めて理解できるものです。

しょっちゅう褒められ慣れていて
それを受け取ることができている人。
って、どのくらいいるのでしょう。

私も含め、
あまりいないんじゃないかなーと。

「写真を撮られるのが苦手」
そういう人がとても多いのも
その証拠かなと。
(以前の私もそうでした)

人から言われる機会があっても
謙遜することに慣れきっていて、
受け取れなかったり、
自分でも自分をよく見つめていなくて
ピンとこなかったり。

だけど、皆それぞれにあるんです。
その人なりの、その人だけの魅力が。
気づいていないだけ。

その魅力を、
あなた自身の目で改めて見てほしい。

私が撮影したあなたの写真と
「ここが素敵!」と私が思ったこと
を文章にしてお届けします。

—–

先日来、思っていたことなのですが、
私は人と会ってお話を聞くことが好きで、
取材の時もすごく緊張しつつ
とてもワクワクしている、ということに
気づいたんです。

最近は便利な世の中で、
ネットがあれば自宅にいながらにして、
相手がどこにいても顔を見ながら
お話できたりしますよね。

でもでも、だからこそ。
直接、対面して一緒の時間を共有したい。
同席することで感じる感覚を大切にしたい。
そう思うんです。

『撮ります、書きます。あなたの魅力。』

気楽な気持ちでお越しください。
緊張されたままでも大丈夫(笑)
ただただ、
好きなことやあなたが話したいことを
話してくださったら嬉しいです。

サイトのお問い合せ
から、お申込み頂けます。

どうぞよろしくお願い致します。

中村美穂

——

<サンプル>

ひじき石塚さん
~男らしく、熱く、器の”深い”人~

お会いしてまず感じたのは、男らしさ。
自分で決めたことは必ずやり抜く、
というような、まっすぐで素朴な印象。
撮らせて頂いた写真にも、私の感じた
男らしさが出たように思う。

食育という視点から生まれる楽曲、
届けたい想い、
より多くの人々に周知してもらうため、
日々やっていること。

それらを聞いていると、
根底に食への、言葉への、音楽への、
とても熱い情熱があるということが
じんじんした手ごたえと共に
伝わってくる。
やはりひじきさんは
ふつふつとたぎる炎を心に宿した
ロッカーなのだ。

そして、人に対する時のスタンスが
フラットで温かく、
自分と縁のある人を受け入れ、
出来る限り応援していくという、
器の”深い”人だなと。
器の大きさと同時に、
私がより強く感じたのは深さ。

先入観や他者評価ではなく、
自分と1対1で関わった時の印象に
基づいて人と接する。
そういう姿勢に共感したし、
素敵だなとも思った。

食育ロックボーカリスト、
デザイナーでもあるひじき石塚さんは、
男らしく、熱く、器の”深い”人だ。

写真・文 /  中村美穂

*ひじき石塚さんのサイト

HOME