まるで第二のリビング!靴を脱いでくつろぐひととき、OSARU COFFEE@なんば

漆黒のコーヒー・・
ではなく、これはプリン。

上にかかっているのは、
黒糖のカラメル。

普通のものより、滋味やコク、
ほのかな苦みがある。
それがコーヒーに合う・・
と思う。

思うとしたのは、
私がコーヒーを飲めないからだが、
この予想はきっと間違ってない・・
はず。

コーヒー好きのかた、
ぜひ試して確かめてほしい。

「OSARU COFFEE(オサルコーヒー)」。
最寄り駅は四つ橋線「なんば」駅。

もともと、
移動販売でコーヒーを提供していた
オーナーの長瀬さんが実店舗を
オープンされたのは、8月のこと。

2か月ほど経過した今、
通りすがりの方だけでなく、
SNSで存在を知って来られた方、
毎日来店されるご近所さんなど、
早くも連日多くの人が足繁く通う
人気のスポットとなっている。

人気の要因は・・
コーヒーの味、
お店のつくり、
オーナー長瀬さんのお人柄、
にあると思う。

—————————

まず、コーヒーについて。

「飲んでいたら、
いつの間にかなくなっている
コーヒーを出したい」
と長瀬さん。

続けて、
「自然と口に運び、
飲み続けてしまうコーヒーは、
本能的にそれが嫌じゃない、
ということである」、と。

なぜか飲み残してしまうコーヒーは、
本能的に「嫌がっている」ことと
同じだ、とも。なるほど・・。

飲む人の心身にフィットし、
最後まで飲み続けられるコーヒーを
提供したいというこの言葉に、
思いやりとホスピタリティ、
静かで熱い職人魂を感じた。

そんな長瀬さんが、
ただ苦いのではなく、
(粗悪な品質をごまかすために焙煎を
深くしたものも、中にはあるらしい)
甘さやフルーティな酸味も大事にしたい、
という基準から豆を厳選して仕入れ、
週替わりで出しているんだそう。

お店のつくり。
これが、とても面白い。

写真は入り口はいってすぐのスペース。
一段高くなっていて、靴を脱いであがる。

ここのテーマは「家」で、
日本の文化である「靴を脱ぐ」という
行為を意識的に取り入れることにより、
「本気でゆっくりして行って欲しい」
と 強く願う長瀬さんの意向から、
デザインされた。

なんばという、
大阪イチと言っても過言ではない
賑やかな街中でありながら、
リラックスして貰える場所に
したかったのだとか。

その土足禁止エリアから、
入り口方面を見たところ。

中庭のような、綺麗な土間のような
スペースには、観葉植物が植えられ、
植え込みもある。

可動式で、ベビーカーでの来店も
らくらくーなのが嬉しいテーブルの
中央には、大きな木がにょきっ。

新芽が出ていた。

コーヒーに合うスイーツは
長瀬さんのお手製。

半日寝かせて味をなじませる
「濃厚チーズケーキ」。

バター、牛乳不使用の
「バナナケーキ」。

そして最近登場した
「黒糖キャラメルのプリン」。

今回は、
黒糖キャラメルのプリンと
みかんジュース、
金曜日限定の「レモンケーキ」
をチョイス。

様々なお店のプリンを食べ比べ、
試行錯誤して自分の求める味を出せた、
という長瀬さん自慢の一品。

昨今主流のやわらかプリンではない。
だが、かたすぎない。
ちょうど良い食感のプリンに、
黒糖のカラメルが馴染む。

コーヒーと相性の良さそうな味わいだ。

そして、この「レモンケーキ」は
堺市の「koti」さんから毎週金曜日に
仕入れているもの。

「koti」とは、フィンランド語で
「家」の意味なんだとか。
偶然だが、この空間のコンセプトに
ぴたりはまっていて素敵だと思った。

私はこの「koti」さんのレモンケーキの
大ファン。(紹介した記事)。

ぜひ一緒に頂きたいと思い、
金曜日をねらって訪問した次第。

大好き。

靴を脱いで座り、のんびりしていると、
ここがお店の中なのだ、ということを
忘れる。

自宅、もしくは親しい友人宅で
くつろいでいるような気分に、
自然となれる。

長瀬さんの
温かく親しみやすいお人柄は、
われわれ人間だけでなく、お客様と
一緒に来店するワンコたちにも人気。

インパクトのある店名は、
長瀬さんの外見が由来なんだとか。

そんなこと・・うん、確かに。
渋い声の、素敵な”おさるさん”である。
(長瀬さん、はっきり言いすぎました・・)

店名にちなみ、
おさるグッズのプレゼントが多いそう。

白いおさるさんは、
世界に2つしかないレアなもの。

フィルムの古いライカ(使える)
の奥に、黄色いおさる。愛らしい。

ブタの蚊取り線香入れ。
祖父母宅の縁側を思い出す。

本気のリラックスを追求した店内で、
靴をぬいでゆったり、のんびり。

いつの間にか飲み干しているコーヒー、
手作りスイーツ、軽食を味わい、
第二のリビングのようにここでくつろぐ
ひとときは、きっとやみつきになるはず。

なんばの喧騒から逃れ、
ほっとしたいなら、ぜひ。

 

 


営業時間は現在10~21時で、不定休。詳しいお知らせは「OSARU COFFEE」さんのFBページで確認して欲しい。場所は浪速消防署の目の前(北側)といったら、分かる人には分かるかな。先のFBページに地図ものっているので、確認して行ってみて。靴を脱ぐことで得られるリラックス感はハンパない。おしりに根っこが生えるほど、ゆっくりしてしまいそうな空間だ。。