いつでも買える!?「獺祭 磨き二割三分」など、阪神百貨店

岩国にある旭酒造の純米大吟醸
「獺祭 磨き二割三分」。

—————-

先日、
阪神百貨店B1Fお酒コーナーの前を
通りかかった時のこと。

ん?これは・・。
「獺祭(だっさい)」じゃないか!!

旭酒造のある地名に獺(かわうそ)
の字が入っていることから
名付けられたという名酒だ。

大変な人気で入手困難のため、
今まで購入したことはなかった。

唯一味わえたのは、昨年の
バレンタイン催事で販売されていた、
ゴンチャロフとのコラボ商品
「獺祭ボンボン」。
(その時の記事
↑ 獺祭について、
純米酒と大吟醸酒の違い、など
こちらに詳しく書いたので、
興味ある方は読んでみて^^。。)

食べ(飲み)比べた結果、
我が家の一押しは「磨き二割三分」と
決定。

だが決定のみで、
その後も「獺祭」を買う機会は
なかった。
(近所のお店で見かけたが、
容量も多く、とても高価だったので
見送り・・)

———————-

それが今、目の前にすごい数の
「獺祭」が並んでいる。

少量の瓶も販売されているので、
比較的求めやすい価格から買える。

この「磨き二割三分」も、
300mlで2160円だ。

レジでの会計時、売り場のかたに
きいてみた。

獺祭をここで見るのは初めてで、
しかもこんなに数があるのは、
どうしてですか、と。
お話によると・・。

・今まで毎月2回「獺祭」を販売していた。
・その日は朝5時から並ぶお客様もいて、大人気。
・9月1日から常設として獺祭を取り扱うことに。

ということなのだそう。

今まで一回も獺祭を見かけなかった
のも当然かと納得。
開店直後に来ない限りすぐ売り切れ、
姿さえ拝めないのが普通だったのだ。

このたび生産増で入荷が増え、
いつでも購入できるようになった、
とのこと。

月2回だった購入機会が
常設によって、在庫がある限り、
行ったらすぐ買える・・。

これは良いニュース。
そう思ったのでご紹介。

ほぼ下戸の私が、
少量でも飲みたいと思うお酒は
余りないのだが、
獺祭はその中のひとつ。

フルーティで軽やかな極上の味わいが、
より身近になって嬉しい。

 

 

————————————————————————————————————

通りかかってびっくりし、二度見した後、即決で購入。ひとり二本まで(だったかな)と購入本数に制限はあるが、これまでのことを考えれば、わりと気軽に買えるこの状況は有り難い。自宅用に贈答用に「獺祭」・・良い!お好きな方、ぜひ。。